①シャンプーの前にしっかりとお湯ですすぎ洗いを。

シャンプーを効果的に使用するためには、まずしっかりとお湯で頭皮と毛髪をすすぎましょう。
80%の汚れはシャンプー前のお湯で落とすことが出来ます。
また、しっかりと髪をすすぐことでシャンプーの泡立ちが良くなります。

 

 

②しっかりと泡立ててから”頭皮”を洗うように。

シャンプーはしっかりと泡立たせることで髪の摩擦を防ぎダメージを抑えます。
泡の力で頭皮・毛髪の汚れは落ちるので、指の腹でマッサージをするように頭皮を洗うように意識しましょう。

毛先の汚れが気になる方は、髪は擦らずに揉むように洗って下さい。

 

 

③根本からしっかりとすすぎ残しがないように。

シャンプー後ささっとすすぎを終わらせずに、しっかりとすすぎましょう。
シャンプーが頭皮に残ると髪のダメージだけでなく頭皮トラブルになる場合も。
理想は2〜3分しっかりとすすぎ残しがないように。

 

 

④トリートメントは中間毛先につけましょう。

トリートメントを手に取ったら、一番最初にダメージの気になる中間毛先につけてしっかりと揉み込みましょう。
根元付近につけてしまうと”ベタつき””かゆみ”などの原因になります。
さらっとでも効果はありますが、ケチらずにしっかりと付けることをオススメします。

 

 

⑤流しすぎないようにさらっと流す

トリートメントはシャンプーと違ってさらっと流して下さい。
ニキビや肌荒れ・髪のベタつきが気になる方はもう少ししっかりと流して下さい。

 

 

⑤お風呂後は早めにドライヤーで乾かしきりましょう。

トリートメント後はしっかりとタオルで水気を取り、出来る限り早めにドライヤーで乾かしましょう。
自然乾燥は頭皮の臭いの原因やダメージの原因となります。
根本を乾かし、その後根本から毛先に向けてドライヤーの風を当て手ぐしで梳かしながら乾かして下さい。